日本猫の特徴と種類



ネコが日本にやって来たのは6世紀中頃、中国からの仏教伝来と共に船で渡ってきたと言われています。
それが日本の風土に馴染んでいくうちに、日本固有の品種になったと考えられています。


日本猫の顔は、大きめで丸顔、頬が出ており、鼻筋は通っています。
耳は丸みがあり毛が短いのが特徴で、全身の毛は短か過ぎず長過ぎません。


最も特徴的な部分は尻尾部分で、細長いものと極端に短いものがいます。

尻尾の短いものは、世界中でも類似した品種が他にあまりないことから非常に珍しく、「ジャパニーズ・ボブテイル」と評されています。


日本猫の毛柄は現在、「日本猫保存会」によってのみ公認種に認定されています。
外国の猫とは違った色分けをしてるために、模様や種類によってその名称も分かれています。



代表的な6種類の猫をご紹介します。



白猫


白猫は全身が白い毛で覆われています。
色素の量が薄いために青色の瞳の猫が多く、左右の瞳の色が違うオッドアイの猫が生まれやすい種類でもあります。光に弱いために、アルビノの猫を飼うには特に気をつけてあげなければなりません。





黒猫


全身が黒の毛で覆われている猫です。
瞳の色がグリーンやヘーゼル、稀に美しいゴールドを持つこともある。
昔から黒猫は「福猫」として魔除けや幸運、商売繁盛の象徴として親しまれてきました。






ブチ猫


白と黒や白地に茶などの二色のまだら模様の猫です。
様々な模様がありますが、猫の頭頂部の毛が黒と白の色など二色で「八の字」のような形に分けられている猫を「ハチワレ」と言います。



↑ハチワレ猫



サビ猫



べっこう柄とも言われる、黒と茶の毛のみのモザイク模様の猫です。
海外ではやや珍しい柄であり愛好家もいる。
遺伝子の関係上、雌がほとんどで、非常に稀(約三万分の一の確率)に雄が生まれることがあります。





トラ猫


虎のような縞の模様を持つ猫です。
全身に模様があるものも、白地に他の色が混ざっているばあいの縞模様でも、全てトラ猫とされています。
茶色みがかった毛柄はキジ猫、灰色などの青みがかった毛柄の猫はサバ猫として分ける場合もあります。



↑キジトラ


↑サバトラ




三毛猫


三種の毛色を持つ猫です。
白・茶・黒の三種の色のものと、白・茶ともう一つ、こげ茶や縞模様が入った三色でも、同じく三毛猫と称されます。
遺伝子の特徴上、雌が大半を占めており、極々稀に雄が生まれる(約三万分の一の確率)ことがあります。
生殖機能を持った三毛猫の同志を交配させても確立は変わらないため、非常に希少種な猫と言え、海外でもとても人気があります。



↑縞三毛





まとめ



たくさん種類がいると思いがちですが、ざっくり分けて日本猫が6種類だというのに驚きますね。

あなたはどんな模様に惹かれましたか?


どの子にしても猫は愛らしく癒しの存在ですよね


ペットを飼っているお家の方は、小さな命を大切に、たくさん愛してあげてほしいと思います





猫好きさんにおすすめの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

必死すぎるネコ (タツミムック) [ 沖昌之 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/2/28時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

建築知識 2018年 02月号 [雑誌]
価格:1680円(税込、送料無料) (2018/2/28時点)








スポンサーズリンク



トップ 季節の行事 暮らしの情報 アフィリエイトの基本 お問い合わせ