睡眠負債とは?

 

 


睡眠負債』とは、普段の僅かな睡眠不足が

自分の知らない内に身体に蓄積されていってしまう現象のことです。

 

 

睡眠負債をためたままでいると、やがて、がん認知症生活習慣病糖尿病免疫機能の低下などの、疾病につながっていくと言われています。

 

 

 

しかし、睡眠不足だからと言って、空いた時間にたくさん眠ること、

 

いわゆる「寝溜め」をする行為はかえって睡眠不足の元になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

世界で一番睡眠時間の短い国は、実は日本です。

 

 

その背景には長時間労働帰宅時間が深夜になる翌日の通勤・通学時間のため家事・育児寝具へ入ってからのスマホ操作、というさまざまな要因があり、結果的に睡眠が犠牲になっています。

 

 

 

 

それでは、『睡眠負債を返済していく』にはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

スポンサーズサイト



 

 

 

 

 

1日に必要な睡眠時間は?|理想の時間の探し方

1日に必要な睡眠時間は7?8時間と言われています。

 

 

一般的な睡眠時間の平均が6?9時間という事実を元に決定されたものなので、
医学的根拠はありませんし、個人差もありますが、

 

これに基づいて自分の理想に合った睡眠時間を確保する事が重要です。

 

 

 

睡眠の種類は主に二つです。

 

 

眠りの浅い「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」があり、
人はその睡眠を起床までに90分づつ繰り返しています。

 

その際、「レム睡眠」時に起床すると、スッキリとした目覚めを感じる事ができると言われています。

 

 

つまり、6時間や7時間半といった、90分の倍数となる睡眠時間が、

とても理想的な睡眠時間と言えます。

 

 

起床時間を考慮しながら、毎日決まった時間に就寝するようにして、
自分の理想とする睡眠時間を探していきましょう。

 

 

 

 

眠り始めの90分間は、
健康に欠かせない成長ホルモンが最も多く分泌されます。

 

 

スムーズにな無理につく為に、睡眠に就寝前にはなるべくリラックスした時間を作りましょう。その他、身体の刺激になるようなもの、カフェインアルコール喫煙激しい運動スマホなどの操作は控えると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

さらに質の良い睡眠をとるために、朝日を浴びるようにしましょう。

 

 

 

人間は朝日を浴びてから約15時間後に眠くなります。

 

これは脳内で分泌されるメラトニンの働きによるものです。

 

 

 

人は一日を周期とした『体内時計』というものをそれぞれ持っており、無意識に日中では活動的になり、夜間は休息状態へと切り替わる仕組みを持っています。

 

メラトニンは、その『体内時計』に働きかける作用があり、自然な眠りへと導いてくれます。

 

 

 

毎日規則正しい生活を心がける事で、体内時計が正常に動き、より良い睡眠をとることにつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーズサイト




朝、すっきり休息サプリ「グッドナイト27000」

上質な眠りは極上のエステ|美容家に人気の休息サプリで睡眠サポート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

【花粉症】花粉が飛ぶのはいつ?|効果的な花粉症対策!
【閲覧注意】画像あり ひどい肌荒れはこれで改善|ニキビもすっきりキレイに!
ひどい肌荒れを改善するには!? 実際にひどい肌荒れを繰り返していた私が改善した理由、肌が改善していく経過を掲載。

トップ 季節の行事 暮らしの情報 アフィリエイトの基本 お問い合わせ