桜ってどんな花?

 

日本人の文化に深く馴染みのあるサクラ。

 

薄く淡く、白や桃色に色づいた花びらのグラデーションと、はらはらと風に舞い散る花弁の儚さが人々を魅了してやみません。

 

 

 

日本において、公式に定められた国花は存在しませんが、

 

『 その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花』として、

 

国花にされているものは「菊」「桜」です。

 

 

 

桜は、バラ科モモ亜科スモモ属で、落葉樹の総称。

 

 

特徴として、大きな幹に幾つもの枝が伸びており、その短い枝に無数の花がついています。
種類にもよりますが、花びらの色は、白、薄桃色、濃い桃色、薄緑がかった淡い桃色など様々なものがあります。
花弁(花びら)の基本は、一つの花に5枚です。 雄しべが変化して5枚よりも沢山の花弁に成った品種も多くあり、 花弁の多い品種を総じて八重桜(やえざくら)と呼びます。 花弁の多い品種・個体だと一つの花に花弁が300枚くらいもあるそうです。

 

 

桜の種類は品種は、山桜が約15種類、品種改良された桜は300種類以上あると言われています。
主に3月?4月に楽しめる花です。

 

 

桜は観賞用として日本に多く植えられていますが、海外ではサクランボが実る木として知られています。

 

 

国花として知られている為、日本固有の花かと思われがちですがそうではなく、
桜は世界各国に分布しており、主に北半球の温帯、中でもアジア方面に多くの種類が存在しています。

 

 

サクラ全般の花言葉は、「精神美」「優美な女性」「淡白」
西洋では「優れた教育」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

桜は日本最古の歴史書【古事記】に登場している

 

日本で最初に「桜」の記述が出てくるのが古事記です。

 

 

 

日本神話に木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)と言う女神が登場します。

 

古事記では、木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤビメ)や、単にサクヤビメと呼ばれ、桜の花が咲くように美しい女性という意味があると言われています。

 

別名は神阿多都比売(カムアタツヒメ)で、阿多の都の姫という意味があり、九州産まれということがわかります。

 

 

日本神話に様々な神と共にアマテラス(天照大神)、ツクヨミ(月夜見尊月読命)、スサノオ(建素戔嗚尊速)を成したとして有名な、イザナギ(男神)がいます。
妻はイザナミ(女神)であり、二人の子のアマテラスの孫に、
ニニギノミコト(天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命)がいます。

 

 

そしてその、ニニギノミコトの妻がコノハナサクヤヒメです。

 

 

婚姻の際に姉のイワナガヒメ神(石長比売)と共にニニギの元へと嫁いだのですが、
姉はとても不細工な女性だったために、一人だけ家へ返されていしまいました。

 

二人の姉妹の親にあたる、オオヤマヅミ(大山祗神)はこれに大変怒って、

 

 

「私が娘二人を一緒に嫁がせたのはイワナガヒメを妻にすれば、ニニギノミコトの命は岩のように永遠のものとなり、コノハナノサクヤビメを妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたからである。
コノハナノサクヤビメだけと結婚すれば、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」

 

 

そう告げました。

 

 

つまり二人揃ってこその繁栄だったのですが、それに反したわけです。
そんな事から、二人の子孫の寿命は他の神とは違い短くなってしまいました。

 

 

※イワナガヒメが、子を宿したコノハナノサクヤビメを呪ったと言う説など諸説あります。

 

 

 

 

その後も色々とあった二人ですが、

 

二人の間にホデリノミコト(火照命)・ホスセリノミコト(火闌降命)、ホオリノミコト(火遠理命)が生まれます。

 

 

この三男のホオリノミコトは、

 

 

別名:天津日高日子穂穂手見命(あまつひこ(たか)ひこほほでみのみこと)と言い、神武天皇の祖父とされています。

 


▲浅間神社▲

 


コノハナサクヤヒメは、富士山を神体山としている富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)と、配下の日本国内約1300社の浅間神社に祀られています。

 

 

コノハナノサクヤビメは火中出産の説話から火の神とされることもあるが、
浅間大社の社伝では水の神であり、噴火を鎮めるために富士山に祀られている。

 

また、この説話から妻の守護神、安産の神、子育ての神ともされており、社ではコノハナノサクヤビメにちなんで桜の木をご神木としている。

 

 

子を産んだ際に甘酒である天舐酒(アマノタムケザケ)を造ったことから、酒解子神(サケトケノコカミ)とも呼び、酒造の神とされることもあります。

 

 

 

奈良時代の「桜」はとても神聖なもの

 

当時、お花見で人気のものといえば「梅の花」が主流でした。

 

そして、コノハナノサクヤビメが富士で祀られているように、「桜」は神聖なものと考えられ大切な存在として人々に祭られていたのです。

 

 

 

「サクラ」の名前の由来といわれる説から、その事がわかります。

 

 

「サ」は田の神様、「クラ」は神様の座る場所を意味があるといわれている事から、

 

つまり、「サクラ」は『花が咲くと共に山から神様が下りてくる、その証』と考えられており、

 

神様を迎えるために人々が食物や酒をお供えしてお祝いしていました。

 

 

そして、花が咲く時期は田植えの時期に最適な事から、豊作などの祭りもあり、「桜」は神が宿る神聖な木として、人々に祭られてきたのです。

 

 

 

 

 

 

 


トップ 季節の行事 暮らしの情報 アフィリエイトの基本 お問い合わせ