春のお彼岸について

2018年の春の彼岸入りは、3月18日(日曜日)です。

 

 

昔から暑さ寒さも彼岸まで、というように。

 

春光天地に満るこの季節、空も鮮やかな青晴れになり柔らかな風が春の訪れを知らせてくれます。

 

 

そんな季節の節目に、お彼岸はやってきます。

 

 

 

 

 

彼岸は、元来「彼岸会」という仏教行事でした。

 

春分と秋分を中日とし、その前後3日を合わせ計7日間に行われる法会で、寺院に参詣し、墓参などの仏事を行います。

 

 

お彼岸の初日は「彼岸入り」、春分の日と秋分の日を「彼岸の中日」、7日目の最終日を「彼岸明け」と呼びます。

 

 

 

 

 

仏教では私たちのいる世界を「此岸(しがん)」と言い、亡くなった人たちがいる所を「彼岸(ひがん)」と呼びました。

 

 

そして、煩悩に満ちたこの世にいながら、仏さまの境涯に到るための六つの修行(六波羅蜜)を行うことによって『彼岸』に至ることができると考えられています。

 

 

彼岸は、西の遥か彼方仏の世界をいくつも超えた処に存在し、
亡くなった者がいる世界であり、極楽浄土があるそうです。

 

 

 

彼岸の日、春分と秋分は昼と夜の長さがほとんど同じで、
太陽が真西の方角に沈みます。
そのため、あの世と最も距離が近くなる日と考えられており、先祖供養をするようになったそうです。

 

 

 

 

 

 

お墓参りには欠かせないものが3つあります。

 

仏教での大事なお供え物が、“香・花・灯燭です。

 

さらに故人を供養するための浄水と飲食(おんじき)を加えた五供が、お墓参りでの基本のお供え物です。

 

 

お供え物用の菓子は、蓮の花などを模した落雁(らくがん)を用いることが多いようです。

 

和三盆糖 彩 阿波踊り大 徳島名産 砂糖干菓子

価格:1,296円
(2018/3/8 17:17時点)

 

 

 

ご先祖さまのお墓がどこにあるかにもよりますが、ご自身の家で管理しているのであれば、掃除道具を持って行って、墓石を綺麗に掃除しましょう。

 

お寺さまにお任せしているのであれば「お布施」を用意する必要があります。

 

 

お参りが済んだ後、お供え物はその場で食べるか持ち帰ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

春のお彼岸はぼた餅、秋の彼岸はおはぎ

 

 

日本において生活に欠かせず馴染み深い小豆。

 

古来「赤色」には「魔除け」の力があるといわれており、小豆は祝の席や儀式の際にはお赤飯や砂糖をまぜてあんこにして捧げられてきました。

 

その習慣から、お彼岸ではお餅には「五穀豊穣」を、小豆には「魔除け」の意味を込めてぼたもちやおはぎにし、ご先祖さまへの感謝と家族の健康を願って墓前やお仏壇にお供えするようになったといわれています。

 

 

 

春に咲く花に「牡丹(ぼたん)」秋に咲く花に「萩(はぎ)」があります。

 

小豆の粒を、その2つの花に見立てたことから、ぼた餅やおはぎと呼ばれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

なお、この行事は日本独自のもので、他の仏教国では行われていません。

 

 

スポンサーリンク


トップ 季節の行事 暮らしの情報 アフィリエイトの基本 お問い合わせ