バレンタインデーは2月14日に祝われ、
世界中でカップルの愛の誓いの日とされています。

 

 

 

日本ではチョコレートを贈る日ですね。

 

 

毎年たくさんのお菓子で溢れる売り場はきっと今年も大盛況です。

 

 

 

ところでバレンタインデーって元はどんなものなのか。
起源をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

バレンタインデーの起源

 

 

 

バレンタインデー
英語では『St Valentine’s Day』

 

イタリア語で『ヴァレンティーノ』

 

 

 

キリスト教徒である、ヴァレンティーノ(聖ウァレンティヌス)と言う人物なのです。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

バレンタインデーの由来

 

 

 

 

 

起源は296年、ローマ帝国。

 

 

豊作を祈願する(清めの祭りでもある)ルペカリア祭りといものが、
2月15日にありました。

 

 

 

日頃、生活をおくるにあたって若い男女が一緒に過ごすことはなかったけれど。

 

 

 

その祭りの前日、
娘たちは自分の名前を書いた札を桶の中に入れることになっており、

 

その翌日に男たちがその札を一枚引き、書かれた名前の娘と祭りの間一緒に過ごすことを定めていました。

 

 

二人はそのまま恋に落ち、結婚することが多かったそうです。

 

 

 

 

 

当時、ローマ帝国では戦争が絶えませんでした。

 

兵士は愛する人がいる故郷を離れたくありませんし、戦地ではいつでも家族の顔が思い浮かびます。

 

 

 

ローマ帝国皇帝は、自分の帰りを待っていると思うことが兵士たちの気力を下げると言う理由で、「若者たちの結婚を禁止」しました。

 

 

 

 

 

インテラムナと言う町に住んで居るキリスト教徒、

 

「バレンタイン司教(聖ウァレンティヌス)」はそんな兵士を可哀想に思い、こっそり結婚をさせてあげていました。

 

 

それが皇帝の耳に入ってしまい激怒され、結婚式を執り行うことをやめるようにバレンタイン司教に命じました。

 

 

 

しかし、その命に逆らったバレンタイン司教は逮捕され処刑されたしまいました。

 

 

 

二世紀後、異教の祭りであるルペルカリアの祭が禁止されてしまいます。
その代わりの行事として、
前日の2月14日を恋人たちの守護聖人バレンタインの日として祝うことにしました。

 

 

これがバレンタインデーの始まりと言われています。

 

 

 

 

欧米と日本の違い

 

 

 

 

 

 

欧米では、好きな相手に愛のメッセージを書いたカードを贈ったり、
親しい人や大切な家族に花やお菓子を贈る習慣がうまれました。

 

 

 

 

 

 

このようなバレンタインデーのメッセージカードを目にしたことはありませんか?

 

 

 

"From your valentine"(あなたの恋人より)
"Be my valentine"(僕のバレンタインのデートの相手になって)

 

 

 

 

 

聖バレンタインは獄中でも神の愛を信じておりました。

 

 

ある看守の娘と親しくなった聖バレンタインは、目の不自由な彼女の為に祈ります。すると、奇跡的にその目が見えるようになったと言われています。

 

 

その彼女へ獄中で送った手紙に「あなたのバレンタインより」と署名されたいました。

 

 

 

その文からバレンタンデーでは、
バレンタイン=恋人と言う意味で使用されるようです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本では、女性が男性にチョコレートを贈ると言うのが一般的ですね!

 

 

 

日本のバレンタインデーは20世紀に伝わってきたと言われています。

 

 

戦後まもなくチョコレート製菓会社から発売されましたが、当時は高級すぎてあまり普及しませんでした。

 

 

 

 

 

流行し始めたのは、1970年後半です。

 

 

 

メリーチョコレート、モロゾフ製菓、森永製菓などのチョコレートメーカーが

 

 

『あなたのバレンタイン(愛する人)にチョコレートを贈りましょう』

 

 

というキャッチコピーの広告を新聞に出しました。
※各社で起源を主張しているようですが、どれが本当の起源なのかは定かではありません。

 

 

 

 

 

バレンタインデーには女性から男性へ『チョコレート』を贈ると言うのが、日本のバレンタインデーの大きな特徴です。

 

 

しかし最近では本命チョコに関わらず、クッキーや飴、マフラーなどの小物を贈る人もいるようです。

 

 

ご年配の方には、おせんべいなどの和菓子も素敵ですね。

 

 

 

 

 

仲の良い異性には「義理チョコ」、同性には「友チョコ」男性から女性へ贈る「逆チョコ」などもあります。

 

自分で買って自分で食べる「自己チョコ」をする方も多く、

 

チョコレートメーカーがバレンタインデー限定で販売してるチョコレートを楽しんだり、自分へのご褒美とするのも良いですね!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

バレンタインの起源は少し悲しい歴史が詰まっていましたね。

 

 

日本の習慣とは関係なく馴染みにくいお話で、全くの繋がりがない事に不思議な感じがします。

 

 

しかし、日本独特のバレンタインデーも「愛の日」として知られています。

 

 

 

大切な人に贈る愛のかたち。

 

手紙でもチョコレートでも小物でも、想いの大きさは変わりません。

 

 

 

 

あなたも選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

シガールでおなじみ!【ヨックモック】
ホワイトデーのクッキーギフトなら【ヨックモック】


トップ 季節の行事 暮らしの情報 アフィリエイトの基本 お問い合わせ