母の日は、母の愛情に感謝しその労苦を慰める日です。

 

 

毎年この日は街中がたくさんの赤いカーネーションに包まれる日でもありますね。

 

 

なぜ花を贈るのか、そしてその意味はなんだろうと思ったことはありませんか?

 

 

 

 

 

 

母の日の由来はアメリカ…?

 

 

母の日の由来は諸説ありますが、アメリカで起こったとされる説が一般的です。

 

1907年アメリカに住んでいた女性のアンナ・ジャービスが、5月9日(第2日曜日)に亡くなった母親が好きだった白いカーネーションを、なき母を偲び教会に飾ったことで全米に母に感謝する動きが広まりました。

 

そして後の14年、アメリカ合衆国議会は、5月の第2日曜日を「母の日」と制定。

 

 

それからは。母親が元気な場合は赤いカーネーションを贈り、故人へは白いカーネーションを胸に飾るようになり、やがてプレゼントとしてカーネーションを贈る風習へとつながっていったのです。

 

 

 

 

日本に母の日が伝わったのは、大正時代。

 

当初3月6日が母の日とされていましたが、戦後になり、改めて5月第2日曜日が母の日であると定められました。

 

 

国民的行事となったのは1937年のこと。
森永製菓が母の日の普及活動を全国規模で展開し広がりを見せました。

 

 

 

 

 

カーネーションの花言葉

 

 

 

 


カーネーションの共通の花言葉
「女性の愛」
「感覚」
「感動」
「純粋な愛情」

 

 

 

赤いカーネーション(Red Carnation)
「母への愛」
「愛を信じる」
「熱烈な愛」

 

白いカーネーション(White Carnation)
「純粋な愛」
「私の愛は生きています」

 

 

 

 

 

 

母の日に感謝を伝えよう♪

 

一年に一度しかないこの日に、日頃の感謝の気持ちを込めて、お花を贈ってみてはいかがでしょうか?

 

世界にたった一人しかいないあなたからの贈り物です!

 

きっと喜ばれますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


トップ 季節の行事 暮らしの情報 アフィリエイトの基本 お問い合わせ